01« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28.»03

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* category: 漫画

坂道のアポロン  

2009.03.13
Fri
22:47

2009_03130001.jpg

坂道のアポロン
小玉ユキ

ストーリー
1966年初夏、横須賀から地方の高校へ転入した薫。幼い頃から転校の繰り返しで、薫にとって学校は苦しいだけの場所になっていた。ところが転入初日、とんでもない男と出会い、薫の高校生活が意外な方向へ変わり始め・・・!?


この漫画がすごい2009で1位に輝いた小玉ユキの坂道のアポロンです。
やっと3巻出ました。
百合花と淳一のフラグ立ちまくりで終わった2巻だったけど、3巻ではそっちは完全スルーで
薫と千太郎の過去話がメインです。
薫が暴走して律子との関係もこじれ、その辺の恋愛話は4巻以降でうまいことまとめるつもりなんだろうなあ。
1・2巻読んだ時は短い話かな?と思ってたけど結構長くなりそうだ。



画力
 
 人物:7
シンプルながらしっかりと書き分けられていて遠景でもちゃんと判別が付く。
ほとんど影を付けないので全体的に白くて平面的な印象を受けるが
それがこの作者の味を良く出していると思う。

 背景:6
シンプルで結構手抜きだが、最低限必要な情報はしっかりと描き込んでると思う。

 構図:6
普通。

 コマ割:6
普通。

 擬音:6
普通。全体的に静かな分、静と動がよく出てる。

 演出:6
普通。あまり少女漫画っぽくないところが良い。
 

ストーリー

 設定:7
1966年って雰囲気が出てるような出てないようなよくわからん。
ジャズとかレコードとかそういう雰囲気がやりたかったのは伝わります。
携帯電話が無い時代設定ってのはいろいろずるいなあと思う。

 独創性:7
特に真新しい事はやってないのに、どことなく新鮮な感じ。
文学的な雰囲気を出すのが上手いんだよなあこの作者。

 展開:7
ありがちな展開なんだけど、主人公の薫が時々暴走してくれるので面白い。

 台詞:8
キャラのモノローグが感情を上手い事表現していて良い。
福岡人の俺には長崎弁は違和感無いけど他の地域の人にはこういうのどうなんだろう。

 テーマ:8
自分の居場所とか友情とか恋愛とかとにかく青春っていいなあという感じ。
薫と千太郎の友情の中にBL臭を感じてしまうのは何か毒されてるなと思う。


キャラクター

 設定:8
キャラ付けがしっかりしていて良い。
1966年っぽさがあまり無い。

服装:6
制服ばっかりで面白みが無いのが残念。


その他
 
 装丁:9
各巻主人公キャラのアップ。壁紙の選色が中々良い。
本棚に並べても綺麗。

 帯:8
表紙の雰囲気を壊さないように作られてて良い。




総合85
シンプルな線による作画と繊細な感情描写が見事に調和している小玉作品。
短編がまた良い感じなんで是非全作品読んでほしい。
魚喃キリコや吉田秋生が好きな人なら絶対はまるはず。
スポンサーサイト
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント
トラックバック
トラックバックURL
→http://hamster2009.blog113.fc2.com/tb.php/19-14791f98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。